大阪淀川区三津屋中ほっかほっか亭2階に女性の遺体「店の音がうるさい」と騒音トラブル

未分類

4月4日午前6時55分頃、大阪市淀川区のほっかほっか亭三津屋店2階の部屋で、ほか弁従業員女性とみられる遺体が見つかりました。この部屋の住人男性は、首から血を流した状態で倒れている所を発見されていますが、命に別状はないとのことです。

ほっかほっか亭従業員女性は前日から行方不明になっており、店主が交番に「従業員が帰ってこない」と届けていました。この事件では、先に首から血を流した男性が見つかり翌日に女性の遺体が発見されています。

【追記】
その後の報道で、ほっかほっか亭2階の部屋で見つかった女性の遺体は、ベトナム国籍のヴォ・ティ・レ・クインさん(31歳)であることが分かりました。ヴォ・ティ・レ・クインさん(31歳)さんは、ほか弁のアルバイト従業員で、大阪市西淀川区花川に住んでいるとのことです。

ヴォ・ティ・レ・クインさんの顔画像・家族構成「テキパキ働く人気者」大阪淀川区弁当屋殺人

山口利家顔画像「目がギラギラしたおっさん」大阪市淀川区ほっかほっか亭殺人事件

【追記】被害女性はヴォ・ティ・レ・クインさん(31歳)「日本のことが好きだった」

名前:ヴォ・ティ・レ・クインさん
年齢:31歳
国籍:ベトナム
住所:大阪市西淀川区花川

その後の報道で、ほか弁2階のアパート一室で見つかったベトナム国籍のヴォ・ティ・レ・クインさん(31歳)は、ベトナム出身の夫(35歳)と2人暮らしをしていたことが分かりました。夫によると、ヴォ・ティ・レ・クインさん(31歳)は、

「妻は日本のことが好きで、母国で日本語を教えるのが夢だった。こんなことになって頭が混乱している」

と話し涙を流していました。日本が大好きだったという、クインさん。ベトナムに帰って日本語を教えるのが夢だったといいます。クインさんを殺害した犯人はまだ分かっていませんが、ほか弁2階アパートの住人男性が何らかの事情をしっているのは間違いないですよね。クインさんがなぜ殺害されなければならなかったのか…詳しい情報が分かり次第追記いたします。

【追記】
ヴォ・ティ・レ・クインさんは、首を絞められたことによる窒息死だったことが明らかになりました。警察によると、ヴォ・ティ・レ・クインさんは3日午前9時ごろに2階に住む50代後半の男性と一緒に弁当屋を出た直後に殺害された可能性が高いとのことです。

大阪市淀川区三津屋中ほか弁従業員が遺体でみつかる「警察が遺体を見逃した」

4日午前6時55分ごろ、大阪市淀川区三津屋中の建物で、年齢不詳の女性の遺体が見つかった。大阪府警は女性が事件にまきこまれた可能性があるとみて、調べている。

府警によると、3日に男性から「従業員が帰ってこない」と申告を受け、捜査していた。

現場は阪急神崎川駅の南西約850メートルで、住宅と商店が混在する地域。

引用元:産経新聞

淀川区三津屋中ほっかほっか亭アルバイト従業員の女性が行方不明になった後遺体で見つかった事件。詳しい事件の経緯をまとめると次のようになります。

  • 4月3日午前8時35分頃…従業員女性の元に男性が訪問。一緒に弁当店を出る(男性が声をかけたものとみられる)
  • 4月3日午前9時頃…弁当店の店主がアルバイト従業員女性が出勤しないことを不審に思い、防犯カメラを確認。
  • 4月3日午前10時ごろ…弁当店店主が弁当店の2階にある男性宅を訪問。アルバイト従業員女性の行方を尋ねると「1階を訪れたがアルバイト従業員女性の所在は知らない」と言われる。
  • 4月3日午後1時20分頃…弁当店店主が「従業員が男と出て行って帰ってこない」と交番に届ける。
  • 4月3日午後11時35分頃…救急隊を要請し男性の部屋の中に入る。玄関から入れず、ハシゴで窓から入る。

    50代の男性がベッド上で首から出血した状態で発見。男の近くに血の付いた刃物1本が見つかる。男性は市内の病院に搬送、命に別状なし。
  • 4月4日午前6時55分頃…「容疑者不詳」「監禁容疑」で男性宅を家宅捜索すると、30代女性の遺体を発見。


警察が男性宅に入った際、首から血を流す男性を発見しましたが、女性は翌日男性宅から発見されています。なぜ、警察は最初に男性宅に入った時に女性を見つけられなかったのか。ネットでは「警察が遺体を見逃したのではないか。」という声があがっています。

死体を見逃すなんて大阪府警の警察官はど素人かよ!

警察の初動捜査が不十分だったのだろうか。事件性があれば、室内はくまなく確認するだろうに。男性の自殺未遂であると判断したのでしょうか。

警察が住人男性を発見した時に、女性も発見できていれば女性の命は助かった可能性もあります。しかし、翌日男性宅を警察が捜査したとき、女性の遺体は部屋の目につかない場所に隠されていたとのこと。このことから、男性を発見した時は警察は部屋に女性がいるとは分からなかったと考えられます。

しかし、ほっかほっか亭の店主が「従業員女性が男性と一緒に出て行って帰ってこない」と警察に届けているのですから、男性の部屋をきちんと確認するべきだったのではないでしょうか。あとから女性の遺体が見つかったなんて、「警察のミス」と言われても仕方がない気がします。

大阪市淀川区ほっかほっか亭三津屋店2階住人男性の名前・顔画像

名前:不明
年齢:50代
職業:不明
住所:大阪府大阪市淀川区三津屋中3丁目

大阪市淀川区三津屋中ほっかほっか亭三津屋店2階の住人で、首から血を流した状態で見つかった男性の名前や顔画像はまだ報道されていません。



男性の名前や顔画像が分かり次第記載いたします。

ほっかほっか亭三津屋店で騒音トラブル

ほっかほっか亭三津屋店近隣住民の話によると、ほか弁2階の部屋に住む男性は10年ほど前からこの部屋に住んでおり

「店の音がうるさい」

と店に苦情を言いに行く姿が目撃されていました。お弁当屋さんの2階に住んでいるのですから、店がうるさいのは仕方ないと思うのですが…男性は我慢できずに弁当屋に文句を言いに行っていたようです。男性は事件があった日も、1階のほっかほっか亭に「うるさい」と文句を言いに行っていたのでしょうか。なぜ従業員女性が男性について行ってしまったのか…詳しい事情はこれから明らかになると思われます。

新しい情報が分かりましたら追記いたします。

【追記】

ほっかほっか亭2階に住む男性は、弁当店に対し「シャッターを開け閉めする音がうるさい」と苦情を言っていたとのことです。シャッターの開け閉めの音がうるさいなんて、この男性はよほどの神経質なんでしょう。イライラが積もり積もって爆発してしまったのかもしれませんね。

【事件現場】大阪市淀川区三津屋中ほっかほっか亭三津屋店2階

訪ねてきた男性と弁当店を出た後、行方不明になったアルバイト従業員女性が遺体で見つかったのは、ほっかほっか亭三津屋店2階の部屋です。

ほっかほっか亭三津屋店:大阪府大阪市淀川区三津屋中3丁目

画像引用:産経新聞

大阪市淀川区・弁当店従業員女性殺人事件のまとめ

大阪市淀川区のほっかほっか亭三津屋店の従業員と思われる女性が、店舗2階の部屋で遺体で発見された事件。この部屋の住人男性が、ほっかほっか亭従業員の女性と一緒に店を出ていることが防犯カメラの映像から明らかになっています。この男性とほか弁従業員の女性は知り合いだった可能性が高そうですが、事件の詳細はまだ不明です。

勤務するほっかほっか亭の2階にあるアパートで遺体となって発見された従業員女性。年齢は30代と言う事しか分かっていませんが、結婚して子供がいた可能性もありますよね。普段通りアルバイトに出かけて行ったお母さんが、変わり果てた姿で帰ってきたら…残された子供さんの気持ちを考えると本当に辛いです。弁当店の2階に住む男性が、「音がうるさいから部屋に来て確認してみろ」とでも言ってたのでしょうか。防犯カメラには、男性と一緒に弁当店を出る女性の姿が写っていたといいますが、無理やりだったのかどうかは分かっていません。

今後、新しい情報が分かり次第追記いたします。

未分類
うににゃん情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました