緊急通報ボタン押した撮り鉄男はASDか「車掌の言葉をオウム返し」

ニュース

撮り鉄の男性が、電車を撮りたいために電車内に設置された緊急通報ボタンを押してしまい、車掌から注意を受けている動画がTwitterで拡散され問題になっています。

動画が撮影されたのは近鉄名古屋駅で出発を待っている電車内。動画が拡散されると、「撮り鉄のイメージが悪くなる」「非常識だ」など男性に批判が殺到しています。しかし、動画に映る撮り鉄の男性の様子から男性がASD(自閉スペクトラム)ではないかという憶測が広がっています。

山手線財布落とした男TikTok特定「おいサボるなよ!」駅員に暴言吐く未成年

田中大介はモラハラ夫だった「表面上は仲良し家族」犬山市母子殺害事件

撮り鉄「撮影したいから照明つけて」緊急通報ボタン押す

撮り鉄の男性が近鉄名古屋駅のホームで出発を待つ電車内にある緊急通報ボタンを押した直後の動画が拡散され、物議を醸しています。

車掌:「もし写真を撮りたいんでしたら、もういっぺん出て、まわって自分で撮ってください」

車掌:「この電車に乗りたいんやったら乗ってください」

車掌:「これは緊急用のものです。もしこれを押して他のとこで何かあった場合あなたはどうするんですか」

車掌:「あなたがこれを押して私がここで処理してる関係で、その対応ができなくなるんですよ」

車掌:「どうするんですか、そういう場合。困りますよね」

車掌:「これは緊急用のものです。写真を撮るために使うようなものではない」

近鉄電車の車掌さんは、緊急通報ボタンを押してしまった撮り鉄の男性にことの重大さを一生懸命説明されています。しかし、車掌さんが話していても撮り鉄男性は話をあまり理解できていないのか、時折「あー」と言ってみたり、何かもごもごと話しています。

撮り鉄男性が電車内の緊急通報ボタンを押すトラブルが発生したのは、8月12日21時頃。撮り鉄男性が緊急通報ボタンを押してしまった経緯をまとめると…

  • 21時4分出発の急行電車の出発直前に撮り鉄男性が乗り込む
  • 急行電車に乗り込んだ撮り鉄男性は「緊急通報ボタン」を押す
  • 駆け付けた車掌に対して、撮り鉄男性は「電車を撮影したいからホーム側のドアを開けて欲しい」と要望(すでにドアは閉まっていた)
  • さらに撮り鉄男性は「電車の前照灯もつけて欲しい」と要望
  • 車掌は撮り鉄男性の要望を断り、撮影するなら乗車ホーム側から降りて欲しいと撮り鉄に伝える

「電車を撮影するためにすでにしまったドアを開けて欲しい。さらに撮影のために電車の前照灯もつけて欲しい。」

撮り鉄のマナーの悪さは度々話題になりますが、ここまでマナーの悪いというか、常識知らずで自己中な撮り鉄は滅多にいません。撮り鉄男性に冷静に対応している車掌さんも怒りを必死にこらえていたに違いありません。

Twitterのコメントにも非常識すぎる撮り鉄男性を非難する声が相次いで投稿されていましたが、その中に撮り鉄男性の受け答えの様子が少しおかしいのではないかと指摘する声も上がっていました。

緊急停止ボタン押した撮り鉄「ASDの可能性」

車掌の説明を聞いている撮り鉄男性の受け答えの様子を見て、Twitterでは撮り鉄男性が「ASDではないか」という意見がみられました。

多分、言われてること
怒られてること自体が解って無さそう

頭の中は、自分の事でいっぱいって感じ

拡散されている動画をみると、車掌ばかりが話しており、撮り鉄の男性はほとんど言葉を発していないことがわかります。車掌の勢いに押されて、何も言い返せないように見えましたがそうではなかった可能性があるのです。

これさ、撮り鉄さんって何か知的に傷害を抱えてるひとなんじゃないの?駅員さんが大きな声で正論を言い放っても、何も理解できていない可能性もあるね。駅員さんの気持ちを考えたら他のお客さんの手前怒鳴らないとあかんやろうけどさ。そんな人を放送するんですかね。映像を使いたいテレビ局さん。

これはそうですよね。ASDじゃなく知的ハンデキャップもあると。でも、教えられればわかるので、学習して欲しいなぁ。という私も何度もこれ系に悩み毎回どうやったら伝えられるか悩んでる。衝動性もあるからやっちゃうんだよなぁ。。一度怒られたことがうまく効くといいなぁ。

車掌の人は多分気づいていないが、これは知的障害、言語障害のある自閉症スペクトラムだと思う。こだわりが強いのも特徴で興味をもったのが鉄道だったのだろう。不幸な結果だ。どうするんですか?と聞かれて答えられないのも言語障害の特徴。

車掌の言う事をオウム返しにしている。言語障害のある自閉症スペクトラムの特徴が出ているように見える。そして、オウム返しにする場合は理解できていない場合が多い。多分車掌の言うことはほとんど伝わっていない。コミュニケーションに相当コツがいる。

撮り鉄男性の様子からASDではないかと指摘する方もいます。

ASDとは

ASD(自閉スペクトラム症)とは、言葉や言葉以外の方法、例えば、表情、視線、身振りなどから相手の考えてる事を読み取ったり、自分の考えを伝えたりすることが不得手である、特定のことに強い興味や関心を持っていたり、こだわり行動があるといったことによって特徴付けられます。

大人のASDの特徴は、「相手の心情を表情や言葉のニュアンスから察することが苦手」であることが挙げられます。撮り鉄男性も、車掌の話しを理解できていないように見えます。また謝罪の言葉もなく、言い訳のような言葉も発していません。これは、自分の考えを伝えられないというASDの特徴に当てはまるのではないでしょうか。

さらに、撮り鉄男性は「自分が電車の写真を撮りたい」というためだけに緊急通報ボタンを押しています。緊急通報ボタンを押した結果、どんなことが起こるのか、どれだけ迷惑をかけることになるのかなど考えられないのです。ただただ「自分の興味のあること=電車の写真を撮る」ことだけにこだわてっていたのでしょう。

Twitterで指摘されている通り、緊急通報ボタンを押してしまった撮り鉄男性は、ASD(自閉スペクトラム症)である可能性が高いと考えられます。

【追記】緊急通報ボタン押した撮り鉄は誰「三重県在住19歳か」

緊急通報ボタンを押した撮り鉄男性の顔は名前など、詳細は明らかになっていません。撮り鉄の男性が乗り込んでいた電車は、津新町行の急行電車であることから三重県方面に在住していると推測されます。

撮り鉄の男性を映した動画には、男性の後ろ姿と横顔しか映っておらず誰なのか特定する情報はみつかりませんでした。しかし、Twitter上に撮り鉄男性と同級生だと名乗る人物が現れたことによって、物議を醸している撮り鉄男性の人物像が少しだけ明らかになりました。

撮り鉄男性と同級生だという人物の情報をまとめると、話題になっている撮り鉄男性は

  • 現在19歳or18歳
  • 三重県在住

であることが分かりました。

撮り鉄男性について、新しい情報が分かりましたら追記いたします。

緊急通報ボタン押した撮り鉄の同級生出現!「自分も有名になりたい」

電車の写真を撮るために緊急通報ボタンを押してしまった撮り鉄の男性、この男性の同級生だという方のツイートをご覧ください。

うちの同じ高校の同級生です。

撮り鉄男性の動画撮影者に対して「同級生です」と返信していました。

実は、同じ高校で同級生で、その子、スマホ持ってないので、SNSやってないですね。

同級生の話によると、撮り鉄男性はスマホを所持しておらずSNSなどもやっていないとのことです。撮り鉄男性は、自分が撮影された動画がTwitterで拡散され問題になっているなんて夢にも思わないでしょう。

ただ、撮り鉄男性の同級生だと名乗るアカウントの方は、撮り鉄男性を擁護するわけでもなくただ「同級生だ」と名乗り出ているだけなのが気になります。同級生であったのなら、撮り鉄の男性が何らかのハンディキャップを抱えていることも分かるはずです。

知っている同級生が、たまたま動画を撮られTwitterで拡散されて話題になっている。そこに「自分の同級生です」と名乗り出れば、自分のアカウントも有名になるかもしれない。撮り鉄男性の同級生と名乗る方は、自分のフォロワーを増やしたくて名乗り出た可能性もあります。

実際、同級生だと名乗る方のTwitterの固定ツイートにはインスタフォローの宣伝がありました。「インスタのフォロワー1000人いったら、顔だしする予定でいます。拡散よろしくお願いします!」だそうです。

緊急通報ボタンを押してしまった撮り鉄の男性が何らかのハンディキャップを持っていたのかは不明ですが、車掌とのやり取りから何か困難を抱えているのではないかと心配する声があがっていました

障害の特徴が自分の子供に似ていて見てて辛い。そしてやっぱりボコボコに叩かれていて辛い。自分の子供も将来こういう扱いを受けるのかと思うと辛い。その未来を回避しようと毎日全力で戦っている。

【追記】現役駅員の本音「撮り鉄マジでうざすぎる」

最近迷惑な行為でよく話題にあがる撮り鉄さん。度重なる自己中心的かつ迷惑な行為に、現役駅員さんが本音を漏らしていました。

現役駅員さんが挙げた撮り鉄のあり得ない行動の数々。

  • 撮り鉄のせいで電車が止まる
  • 注意したら逆ギレ
  • 撮り鉄のせいで一般客からクレーム
  • 試運転聞きに来る
  • 入場料払わず改札突破

ここまでマナーが悪いと、そのうちホームでの写真撮影が禁止になったりしそうです。撮り鉄さん達は、そんなことになったらきっと怒り狂ってしまうんでしょうね。それならないためにも、マナーはきちんと守って欲しいものです。

ニュース
うににゃん情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました