修学旅行生徒バス閉じ込めは泉大津市立誠風中学校「校長のヘアスタイルのせい」

ニュース

修学旅行中のルールを破ったという理由で、生徒が空調の効いていないバスで待機させられ熱中症とみられる症状で体調不良になった問題。

体調不良になった生徒の母親が会見を開き、校長らに重い処分を課すよう求めています。しかし、母親側と学校側の主張が食い違っており、生徒の母親に批判が集まる事態になっています。

修学旅行中にルール違反を犯したとして、生徒をバスに閉じ込めた大阪府泉大津市の中学校はどこなのかまとめていきます。

西岡且准facebook顔画像「アルコール依存の危ないヤツ」福岡指噛みちぎり事件

見城徹(幻冬舎社長)木原誠二暴露のまとめ「ネガキャンでガーシー本バカ売れ」

修学旅行で生徒バス閉じ込め熱中症は「泉大津市立誠風中学校」で特定

修学旅行中のルール違反で、生徒をバスに閉じ込めたという中学校は、大阪府泉大津市にある中学校だと報道されています。

泉大津市にある中学校を調べてみると、泉大津市には中学校が3つしかないことがわかりました。

  • 東陽中学校
  • 誠風中学校
  • 小津学校

報道によると、生徒をバスに閉じ込める問題が起きたのは6月の修学旅行中。

それぞれの学校のホームページで行事予定を確認すると、6月に修学旅行に行っている中学校は「誠風中学校」と「小津中学校」の2校でした。

問題のあった中学校を特定できる情報がないかツイッターを検索していくと、ある気になる投稿が見つかりました。

泉大津市立誠風中学校の修学旅行で体罰 ルール違反の生徒をクーラーのかかってないバスに3時間待機させる この時期にクーラーのかかってない車内に3時間待機とか体罰の域を超えてるけど、この母親もどうなんやろね。体罰を責める前に一言我が子の非を謝罪してりゃ印象も…

ぶんぐさんの投稿によると、ルール違反した生徒をバスに閉じ込め待機させた中学校は「泉大津市立誠風中学校」だというのです。

ツイートに添付されている画像を見ると、修学旅行は6月下旬だということがわかります。もう一度、誠風中学校と小津中学校の行事予定表を確認すると、6月下旬に修学旅行に行っていたのは誠風中学校であると判明。

以上のことから、修学旅行中にルール違反をした生徒をバスに閉じ込め待機させていた中学校は泉大津市立誠風中学校であると特定されました。

【追記】修学旅行バス閉じ込めは「校長のヘアスタイルのせい」

泉大津市立誠風中学校の校長先生の画像は学校のホームページに掲載されています。お名前は向井説行です。修学旅行中にルール違反した生徒をバスに閉じ込めたとする問題で、文書を公開されています。

令和4年ど6月に実施いたしました3年生修学旅行において、生徒によるルール違反がありました。そのため、事前に決めていた通り、当該の生徒については、当初の予定を変更することになりました。その際、本来であれば、安心安全を第一とする学校教育活動であるべきところが、生徒の健康面に関する配慮を怠る事案が生起しました。

その件について、修学旅行後、教育委員会からも厳重注意という処分を受けました。また、校長として保護者と生徒に謝罪するだけでなく、全校生徒にも事情説明と謝罪を行いました。今後、当該の生徒にしっかりと寄り添うとともに、2度とこのような不適切な対応がないよう、全教職員で再確認を行いました。

今回の件を受け、今後の再発防止に努めるとともに、管理する指導ではなく、生徒の成長を促す指導をすすめ、今後の教育活動の中で、本校のめざす生徒像である『「自立」と「尊重」と「想像」の身に付いた生徒』の育成を図ってまいります。

今回の件で取材を受けたマスコミに対しては、本校教頭が丁寧に説明してきました。しかしながら、9日の記者会見後のマスコミの報道記事で、学校が提供した内容と異なり、一部誤解を招く内容や表現もありました。この件に関しましては、記者会見の内容との差異と判断しております。

今回このような事態を招いたことを重く受け止め、改めて安全管理や生徒指導を考え直す機会であるととらえております。保護者の皆様にご迷惑をかけしたことまことに申し訳ありませんでした。引き続き学校へのご理解・ご協力を賜りますようにお願いいたします。

誠風中学校の学校長、向井説行さんは修学旅行中に起きた問題について丁寧に説明されています。ルール違反した生徒に対して、事前に決めていた通りに予定を変更したといいます。その際、生徒の健康に配慮を怠る事案、つまりエアコンがついていないバス内で生徒を待機させるという問題が発生したのです。

ここで疑問なのが校長先生が、エアコンがついていなバスで生徒を待機させることについて熱中症などのリスクがあることに気付かなかったことです。しかし、校長先生のヘアスタイルをみると、校長先生がエアコンなしでも耐えられたことに納得できます。

校長先生のヘアスタイルは、髪の毛が一本もないハゲスタイルです。管理人の祖父もハゲなのですが、どんなに暑い日でもエアコンをつけると「寒い」といってエアコンを切ってしまうのです。どうやら髪の毛のない頭では、エアコンの冷気をダイレクトに感じるらしく、どんなに暑くても「寒い」と感じてしまうようなのです。

誠風中学校の校長先生もハゲ頭のせいで、体感温度が他の人よりも低かった可能性が大いにあります。エアコンがついていないバスの車内で、生徒が「暑い」と感じても校長先生にとっては「適温」だった。だから、エアコンなしでも何も問題だとは思わなかったという可能性も無きにしも非ずなのです。

生徒はバスに閉じ込められていない「車中待機は生徒の意思」

「バスに閉じ込められた」と主張する生徒側と、「閉じ込めていない」と主張する学校側で意見が食い違っている今回の問題。

生徒側と学校側の主張をまとめると次のようになります。

【学校側】

  • 待機時間は1時間45分
  • 場内や木陰など考えていたが生徒の意向で車内へ
  • 引率の教師が付き添いも

【生徒側】

  • 待機時間は約3時間
  • 35℃の外か冷房のついていない車内の選択肢がおかしい
  • 複数の教師が入れかわり様子見にきた

生徒の話によると、教師からエアコンのついていないバスの車内に残るように指示されたと言います。しかし、暑い中エアコンを切った車内は熱中症の危険があることくらいは、誰でも知っています。

ましてや大事な生徒を預かる教師なら、生徒が熱中症になりかねないようなエアコンがついていないバスの車内で生徒を待機させるはずはありません。

教員です。行動を制限したのは前日の生徒指導の流れでしょうが、必ずしもバス内に待機しなさいとは指示していないはずです。教員もその生徒のために一緒に居なければならない(非常にめんどくさいです)状況の中で、バス外へ促している様子。その指示に対しても反抗している様子が伺えるので、昨晩もかなり反抗的だったのでしょう。
学校長もすでに処分されているので、これ以上何を保護者は求めるのでしょうか?最後に生徒指導は罰ではありません。自由行動が危険と判断したから待機を指示したまでです。想像力を働かせれば、教員がバス内に閉じ込めたという解釈にはならないと思います。

今回問題となっている生徒は、宿泊先の部屋を抜け出し男子生徒の部屋の中にいたことから指導を受けることになっています。万が一、男子生徒の部屋で女子生徒が襲われるなんてことが起こっていたら…当然教員が「管理が不十分だった」として責任を問われる事態となるに違いありません。

学校側はルール違反をした生徒に対して、寺の境内にいるように言っていたといいます。しかし、生徒自身が自ら「暑いから」という理由でバスに移動していたというのです。

アイドリング禁止の場所だったので、バスのエンジンをかけることが出来ずエアコンを使うことも出来なかったそうです。生徒が自ら希望したからと言って、エアコンなしのバス車内で生徒を待機させ続けたことは、教員も反省すべきだと思います。

しかし、部屋を抜け出し、勝手にバス車内に移動して熱中症になったから責任を取れという生徒の保護者の主張は、おかしいのではないでしょうか。

管理人もよく覚えているのですが、修学旅行で友達と過ごす夜はとても楽しいものです。隣の部屋に移動してみんなでおしゃべりしようと計画しても、夜中でも先生方が廊下の見回りをされていて結局部屋の移動はできませんでした。

あの時は「先生うっとおしいな」と思っていましたが、子供を持つ親となった今では先生方が子供達の安全のために寝ずに見回りをして下さっていたことに感謝の気持ちしかありません。

誠風中学校の校長は今回の問題を受けて、泉大津市教育委員会から厳重注意を受けています。誠風中学校のホームページには、修学旅行中に起きた問題について説明する文書も公開されいます。

画像引用:誠風中学校ホームページ

校長は既に処分を受けているのに、生徒の保護者はさらに重い処分を課すことを求めています。

泉大津市立誠風中学校の生徒バス閉じ込め問題概要

大阪府泉大津市の中学校に通う生徒2人を修学旅行中に、暑いバスの中で長時間待機させたとして、保護者が校長らに重い処分を課すよう求めました。

保護者によりますと、泉大津市の市立中学校に通う3年の女子生徒と男子生徒は今年6月、修学旅行で訪れた岐阜県高山市で2時間半にわたりバスの中に待機させられたということです。女子生徒がこの日の朝、宿泊先の部屋を抜け出して男子生徒の部屋の中にいたため、教諭が2人にバスに残るよう指示したということです。

引用元:Yahoo!ニュース
  • 修学旅行中、女子生徒が部屋を抜け出し男子生徒の部屋で見つかる
  • 学校側は、生徒がルール違反をしたとして、寺の境内か木陰で待機するよう促す
  • 生徒は自らバス車内に移動
  • 教員が「外の方が風もあるし涼しいよ」と声かけするも生徒は「いらん、バスにおる」と反発
  • 女子生徒は帰宅後、食欲がないなど熱中症の疑い
  • 学校側は配慮が足りなかったと謝罪、しかし生徒の体調管理には気を遣っていた

今回の問題に関して、女子生徒の家族に協力しているという方が警察に問い合わせているとツイートされていました。

女子生徒が自らバスに行ったのに「虐待的指導」だと仰っています。確かに、学校側は熱中症の危険があるバス車内に女子生徒が乗り込むのを全力で止めるべきだったかもしれません。しかし、事の発端は女子生徒のルール違反です。

管理人の息子も修学旅行に行った時、学校で決められたお小遣いよりも多くお小遣いを持って行き、先生にバレてしまったことがありました。ルール違反をした息子は、翌日の観光先でお土産を買うことを禁止されました。

その話を息子から聞かされた時、一瞬「先生厳しすぎるんじゃない」と思いましたが、そもそもルール違反をしたのは自分の息子。ルール違反をしたら、それなりのペナルティがあるのは当然のことです。今回問題になっている生徒の保護者も、そもそもの発端は自分の子供のルール違反。そのことについて、先生方や迷惑をかけた他の生徒に対しての謝罪の言葉があっても良いのではないでしょうか。

【追記】被害生徒姉がTwitterで逆ギレ中

泉大津市立誠風中学校の生徒が修学旅行中にルール違反をしたとして、エアコンがついていないバス内で待機させられていた問題。学校側の対応を「体罰」と訴える生徒の姉がTwitterで学校を激しく批判する投稿をしています。

こうした被害者姉の投稿に対して、「元々ルール違反をしたのは女子生徒。姉は逆ギレ」という声も聞かれます。

学校側の体罰を訴える生徒の姉のTwitterアカウントがこちらです。

被害生徒の姉だという人物は、

「大阪府泉大津市立中学校に通う妹が夏の暑い日にクーラーなしのバスに3時間閉じ込められる体罰を受けました。妹は熱中症になり寝込みました。妹のために戦います。よろしくお願いします。」

と、中学校側と戦う姿勢を見せています。Twitterでは、女子生徒が男子の部屋に行っていたのは男女の関係があったからではないかなどと指摘されていましたが、女子生徒は男子の部屋に行ってお菓子パーティーをしていたとのことです。

詳しい経緯は、「学校の体罰をゆるしません@妹のために戦う」さんがTwitterに投稿されています。

「学校の体罰をゆるしません@妹のために戦う」さんが主張することを簡単にまとめます。

  • 大阪府泉大津市立誠風中学校に体罰教師がいる
  • 修学旅行中に妹がルール違反をして自由行動無しの罰を受ける
  • 神社の境内かバス内での待機のどちらがいいか聞かれる
  • 外で待機は熱中症になりそうなので、妹はバスを選んだ
  • バスにはエアコンがついていなかった
  • 体罰教師は水分補給もゆるさなかった
  • 体罰教師は妹の目の前でスポーツ飲料を飲んでいた
  • 他のクラスの先生は事情を知らず、驚いていた
  • しかし、エアコンはつけてくれなかった
  • 他のクラスの先生がおにぎり3個と緑茶をくれた
  • 妹はこの時点で具合が悪くなっていた
  • 修学旅行最終日を自由行動無し、エアコンなしのバス車内で3時間待機、スポーツ飲料なしで終える
  • 帰宅後も体調不良で食事ができず
  • 母親が妹に何があったか問いただし、バスに閉じ込められていたことが発覚
  • 母親は事実確認のために学校を訪問
  • 母親は自分の娘のルール違反を謝罪、しかし罪が重すぎると抗議
  • 学校側は「外で待ってもいいと言った」「選択支を与えてる」などと言い訳

バスでエアコンをつけなかったことについて、バス会社側は「駐車場がアイドリングストップ禁止なのでエンジンは付けれない」と回答しています。炎天下の日中、エアコンなしの車内は想像を絶する暑さになると考えられます。

熱中症のリスクもあるので、他の待機場所を選択しに入れるべきだったのではないでしょうか。ルール違反をした生徒に対して何かしらのペナルティを課すのは当然のことだと考えられますが、熱中症になる危険がある罰則は違う気がします。

ニュースで先生が話してたけど

他の生徒は熱い中社会見学してるのに、規則を破った2人にだけ涼しい屋内で罰を受けるのも違う気がする。バスのエンジンかけたかったがアイドリングストップでかけれなかった。バスの中ではなく少し涼しいところに行くように付き添いの先生も促したが二人はバスの中から出なかった

学校の先生方は、暑い中他の生徒が社会見学をしているのに該当生徒だけが涼しい部屋で待機するのは違う気がすると語っていたといいます。もし、先生方が本当にそう思うのであれば、該当生徒を自由行動の間先生方と一緒に行動させるという手もあったのではないでしょうか。

そもそも、女子生徒がルール違反をしなければ怒らなかった今回の問題ですが、「学校の体罰をゆるしません@妹のために戦う」さんは修学旅行以前から体罰があった教師がいて、その教師に対してかなり怒っているのではないかと感じました。

今後、学校側の対応など新しい情報が分かりましたら追記していきます。

ニュース
うににゃん情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました