作山由奈父親会社名特定「危険な遊びでストレス発散」フォークリフトブランコ事故

ニュース

群馬県前橋市で小学3年生の作山由奈さん(8歳)が父親と一緒にフォークリフトを使ってブランコのようにして遊んでいたところ、フォークリフトのパレットが作山由奈さんの頭の上に落下。

作山由奈さんは病院に運ばれましたが死亡が確認されました。作山由奈さんがフォークリフトでブランコをして遊んでいたのは、父親が経営する会社の敷地内だったことが分かっています。

フォークリフトを操作していた作山由奈さんの父親の名前や会社について調査していきます。

富山2歳児行方不明誘拐説浮上「証拠隠滅のために連れ去られた」

作山由奈父親会社名特定「真面目なお風呂キッチン屋さん」

報道によると、作山由奈さんが父親とフォークリフトブランコをして遊んでいた場所は、父親の会社兼住宅の敷地内でした。父親が経営する会社は、設備会社ということも判明しています。

事故が報道されると、5ちゃんねるではすぐに作山由奈さんの父親が経営すると思われる会社が特定されていました。

作山由奈さんの父親の名前、会社名、住所が書き込まれています。書き込まれている住所をグーグルマップで検索してみましたが、場所を特定することはできませんでした。

しかし、作山ゆなさんが父親とフォークリフトブランコをして遊んでいた会社兼住宅の外観は、報道されていました。

濃いグレーのオシャレな住宅に芝生の広い庭。その隣に作業場が見えます。道を挟んだ反対側には太陽光パネルも見えます。

報道された作山由奈さんの自宅の外観を元にもう一度、Googleマップを検索してみると同じ外観の住宅を見つけることが出来ました。

匿名の掲示板に書かれていた住所と報道されていた作山由奈さんの父親の会社兼住宅の外観が一致しています。よって、匿名の掲示板に投稿された情報は正しい可能性が非常に高いと言えます。

作山由奈さんの父親が経営していると思われる会社の名前をグーグルで検索すると、「真面目なお風呂キッチン屋さん」といううたい文句とともにある会社がヒットしました。

作山由奈さんと同じ「作山」という名字の男性が代表を務める会社。作山由奈さんの父親は設備会社を経営していると報道されていたので、検索で見つかった設備会社が作山由奈さんの父親が経営する会社とみて間違いないでしょう。

しかし、会社名や作山由奈さんの父親の名前はまだ報道されていません。作山由奈さんの父親の名前で検索して出てくるホームページは複数の会社が共同で運営しているので、関係のない会社への影響を考慮し詳しい情報を掲載することが差し控えさせていただきます。

作山由奈さんの父親の名前や経営する会社名が報道されましたら追記いたします。

作山由奈父親は社長「危険な遊びでストレス発散」

作山由奈さんと一緒にフォークリフトブランコをして遊んでいた父親は、自身が経営する設備会社社長。報道された会社兼自宅もとても広く庭には、芝生が広がりサッカーゴールも設置されています。

作山由奈さん家族は普段からバーベキューをするなどとても仲が良かったと近隣住民が語っています。由奈さんにはきょうだいが2人いるそうです。父親は子供たちのために庭にサッカーゴールを設置したり、バーベキューをしたり、子供と一緒に遊ぶのが楽しかったのだと想像できます。

Googleで見つかった作山由奈さんの自宅の画像を見ると、敷地内にジェットスキーが止められているのが見えます。

作山由奈さんの父親は休日にはジェットスキーで、日常では味わえないスリルを楽しんでいるのでしょう。会社の社長として、日ごろは仕事のストレスをかかえていると考えられます。仕事が休みの日に子供たちと一緒に遊ぶことで息抜きはできるかもしれませんが、スリルを味わうことはできません。

男性はストレスが溜まると、ギャンブルや暴飲暴食、ドライブなどとにかくハイリスクなことをしたがる傾向にあると言います。

男性がストレスをためると、とにかくハイリスクなことをしたがる。これは慢性的に不足しているドーパミンを分泌させるためなのだそうです。

抜粋引用:excite ニュース

作山由奈さんの父親は、普段からジェットスキースリルある遊びをしていたので、フォークリフトブランコもスリルがあって子供達も喜んでくれるだろうと考えたのでしょう。

自分が感じているスリルある遊びの楽しさを子供達にも体験させてあげたい。フォークリフトをブランコ代わりにしたら、子供達も喜ぶだろうとあまり深く考えていなかったと推測されます。

「遊びにスリルはかかせない」作山由奈さんの父親には、全く悪気はなかったのです。心から子供に楽しんでもらおうと考えついたのが、フォークリフトブランコという斬新な遊びだったのです。

フォークリフトブランコ事故原因「子供を楽しませたい一心で…」

群馬県前橋市で起きた、フォークリフトブランコ事故が起きた原因は、

  • パレットがフォークリフトの爪にしっかりと差し込まれていなかった
  • 父親の操作ミスでフォークリフトの爪が下を向いてしまった

という可能性があります。

作山由奈さんの父親はパレットにブランコにするためのベルトを通し

フォークリフトを高さ3メートルまで持ち上げました。

作山由奈さんは、ベルトに座りブランコのように遊んでいました。

由奈さんがフォークリフトでブランコ遊びをしていると、何らかの拍子にパレットが落下。由奈さんの頭の上に落ちてきたのです。

作山由奈さんの頭にパレットが落下した瞬間、ものすごい音がしていたといいます。

(事故の時)瞬間的にものすごい音がしたそうなんです。ドカンといったかな。何だろうと思うほどの…。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/075bc5c8cc678331802143769ef237aad2314f43

作山由奈さんの頭に落下してきたパレットは、重さが100kgから150kgもあたといいます。そんな重量のあるものが大切な子供の頭上にあること自体、恐ろしいと感じてしまいます。

作山由奈さんの父親は、ブランコにするベルトがずれてしまわないようにパレットを重しとして使った可能性もあります。ブランコ遊びをすれば振り子運動で前後に大きな力がかかり、パレットがずれる可能性もありますし、勢いが良ければフォークリフト倒れる可能性もあります。

作山由奈さんの頭にパレットが落下した際、119番通報したのは由奈さんの母親でした。大切な娘が大けがをしてしまった…命が助からないかもしれない。由奈さんの母親の気持ちを思うと胸が締め付けられます。

管理人の夫も子供達がまだ小さい頃、「子供達が喜ぶから」と言って異常な高さに放り投げる高い高いや、肩車をして高速で走り回るなど危険な遊びをしていました。その度に「子供が怪我したらどうするの!」と言って暴走する夫を止めていましたが、一度子供が天井に頭を強くぶつけてしまい夫はとても驚いていた様子でした。

管理人の夫は「ここまでやると危険だ」という思考が欠如しているようで、子供が痛い思いをして初めて「危険な遊びだった」と認識していました。

作山由奈さんの母親もきっと、夫が娘とフォークリフトでブランコ遊びをするのを見たら全力で止めに行っていたに違いありません。当時、由奈さんのきょうだいも一緒に遊んでいたというので、母親はそちらに気を取られていたと考えられます。

作山由奈さんの父親がフォークリフトの免許を持っていたのかどうかは不明です。しかし、免許を持っていればフォークリフトブランコという誰が見ても危険な遊びは思いつかなかったのではないでしょうか。

【追記】過去にもあったフォークリフト事故

子どもが犠牲になるフォークリフトの事故は過去にも起きています。

3日午後6時20分ごろ、兵庫県佐用町福澤の自動車修理会社で、5歳の男児が父親(43)運転のフォークリフトにひかれた。男児は病院に搬送されたが間もなく死亡し、兵庫県警佐用署は4日、重過失致死の疑いで父親を逮捕した。容疑を認めているという。

引用元:産経新聞

2018年5月に起きたフォークリフトの事故では、父親が運転するフォークリフトのフォーク部分に5歳の男児が飛び乗りましたが、父親はそのまま運転を続行。フォーク部分から転落した男児をフォークリフトでひいてしまっています。

報道によると、運転していた父親は過去にも何度もフォーク部分に男児が飛び乗って遊んでいたといいます。父親には「いつものこと」だという慣れもあったのだと考えられます。

2021年1月にも同じようにフォークリフトで子供を遊ばせていた父親が子供を引いてしまう事故が発生しています。

4日午後3時15分ごろ、滋賀県守山市荒見町の中古車販売会社の駐車場で、小学生の姉妹2人がフォークリフトにひかれ、1年生の妹(6)=同市が搬送先の病院で役1時間後に死亡し、5年生の姉(10)も重傷を負った。滋賀県警守山署は、運転していた父親で同社の経営者(42)から詳しい業況を聴いている。

滋賀県で起きたフォークリフトの事故では、父親は「姉妹をフォークリフトのフォーク部分に乗せ、旋回して遊ばせていた」といいます。その結果、姉妹は振り落とされ、勢いでフォークリフトで子供達をひいてしまうという痛ましい事故でした。

この事故を起こした父親は42歳、兵庫で事故を起こした父親は43歳、そして今回群馬県でフォークリフトブランコをした父親もは42歳です。偶然の一致だとは思いますが、40代前半の父親というのは「ここまでやったら危険だ」ということを予測する能力に欠けているのでしょうか。

ただただ子供が喜ぶからと、危険であることを無視した結果取り返しのつかないことになってしまっては後の祭り。一瞬の楽しみを優先したために、一生子供の笑顔を見ることが出来なくなるなんて、辛すぎます。

フォークリフトで子供を遊ばせる親がこれ以上現れないことを願います。

ニュース
うににゃん情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました