東園基臣ポップUP!チーフプロデューサー「上級国民がパワハラ遊び」文春砲

ニュース

6月8日の週刊文春電子版にて、フジテレビ情報番組「ポップUP!」のスタッフがチーフプロデューサーからのパワハラを受け2度も自殺を図っていたことが報道されました。

パワハラを行ったとされるチーフプロデューサーは誰なのか特定していきます。

片桐朱璃出身大学「酪農学園大学はデマ」帯広高校教師遺体遺棄事件

宮田麻子は緑陵高校英語教師「セクシー美熟女」帯広高校教師遺体遺棄事件

【追記】東園基臣「ポップUP!」制作現場から外される

東園基臣氏が文春の報道を受けて「ポップUP!」のチーフプロデューサーから外されることになりました。東園基臣氏のパワハラについてはまだ調査中とのことですが、Aさんは東園基臣氏からのパワハラに耐え兼ね自殺未遂までしているのです。

元華族でスタッフから陰で「天皇」「神」と呼ばれていた東園基臣氏。おそらく、普段から元華族であることを自慢しスタッフに横柄な態度をとっていたに違いありません。

「ポップUP!」のスタッフも東園基臣が制作現場から外れてホッとしているでしょう。

フジテレビ「ポップUP!」スタッフが自殺未遂

「ポップUP!」は2022年4月から放送がスタートしたフジテレビのお昼の情報番組です。佐野瑞樹アナウンサー、山崎夕貴アナウンサーがMCを務め、曜日ごとに小泉孝太郎さんや前田敦子さんが出演しています。

前田敦子さん

文春によると、フジテレビ「ポップUP!」のアシスタントプロデューサーAさんが、5月12日にフジテレビ社内で70錠以上の薬を飲み自殺未遂をしたというのです。

「朝、Aさんがふらふらの状態で廊下を歩いていました。70錠以上の薬を飲んだというのです。」

引用元:文春

1度目の自殺未遂から10日後、再びAさんが自殺未遂をしてしまいます。今度は自宅で大量の薬を飲み自ら命を断とうとしたAさん。Aさんが短期間に2度も自殺未遂をした原因となったのが、「ポップUP!」チーフプロデューサーX氏からのパワハラだと文春は伝えています。

「ポップUP!」チーフプロデューサーX氏のパワハラ内容

文春ではAさんがX氏から受けたパワハラの内容が明らかになっていました。

AさんがX氏から受けたパワハラは次のとおり。

・仕事をしてないといってAさんをバカにする
・Aさんをパシリに使う
・Aさんを執拗に叱責する

芸能事務所の窓口担当でゲスト用に台本を作り、事務所に確認する仕事をしていたAさん。AさんとX氏は同じ歳だったにもかかわらず、所属会社が違い、立場が違うというだけでAさんはX氏のことを「エース」「先輩」と呼んでいたと言います。

Aさん→制作会社社員
X氏→フジテレビ社員

仕事をしていないと馬鹿にする、パシリに使う

同じ歳のX氏のことを「先輩」と呼び、X氏にカロリーメイトを買いに行かせられるなど、使いっぱしりのような役目をしていたAさん。そんなAさんが、帰ろうとするとX氏は次のような言葉をかけます。

「仕事も碌にしてないのに帰るの?」

引用元:文春

「ポップUP!」スタッフは長時間労働が当たり前になっており、1週間以上家に帰っていないスタッフもいました。Aさんも他のスタッフと同様に仕事量が多かったといいます。そんなAさんをねぎらうこともせず、「ろくに仕事もしていない」と言い放ったX氏。

X氏の言葉を受けて、Aさんはしばらく局に寝泊まりして仕事をすることに。しかし、局で寝泊まりしていたAさんのことを、X氏はスタッフグループLINEで小馬鹿にしていたのです。

実際にX氏がグループLINEに送ったメッセージ内容が文春に掲載されていました。

画像引用:文春

Aさん奮闘促しキャンペーン中

スタッフのグループLINEで小馬鹿にされ、笑いものにされたAさんはどんな気持ちだったのでしょうか。X氏に言われた通りに仕事をこなしていただけで、なぜ馬鹿にされなければいけないのか。Aさんはその場から消えてしまいたい気持ちになったに違いありません。

執拗にA氏を叱責

文春が報道しているX氏のAさんへのパワハラは、Aさんに対する執拗な叱責もあります。Aさんが最初の自殺未遂をした5月12日の夜、X氏はいつも以上にAさんを叱責していたといいます。

Aさんの入稿した番組表の原稿がXさんは気に入らなかったようです。XさんはAさんに「入稿先業者に電話しろ!」と、営業終了後の業者に何度も電話をさせた。そして「明日、何度も電話してすみません、と謝罪しておけ」と言い捨てた

引用元:文春

この数時間後、Aさんは局内で自殺未遂をしてしまいます。

2022年4月に放送をスタートした「ポップUP!」の世帯視聴率は1%台。同じ時間帯の番組の中でも最低だといいます。X氏は、自身がプロデューサーを務める番組の視聴率がなかなか上がらないことにストレスが溜まり、Aさんにパワハラすることで発散していた可能性もあります。

「ポップUP!」チーフプロデューサーX氏は東園基臣

Aさんにパワハラをして自殺未遂に追い込んだ「ポップUP!」のチーフプロデューサーX氏とは一体誰なのか。文春の情報をもとに調査していきます。

文春で報じられているX氏の情報は次のとおり。

  • 2019年に情報制作局に異動
  • 「めざまし8」を担当
  • 「ポップUP!」のチーフプロデューサー
  • 出演者の前田敦子さんはX氏がオファーした
  • X氏は元華族

上記の情報をもとにX氏を特定していきます。

「ポップUP!」のプロデューサーを調べると、フジテレビ最新情報「とれたてフジテレビ」の「ポップUP!」紹介記事に『プロヂューサー東園基臣』と書かれているのが見つかりました。

画像引用:とれたてフジテレビ

さらに調べていくと、2022年3月25日のマイナビニュースで前田敦子さんが「ポップUP!」のオファーを受けた際のインタビュー記事に、東園基臣プロデューサーの名前がありました。

画像引用:マイナビニュース

様々なキャリアを重ねてきた前田敦子さんが、いまこの番組に出演してくださったら”面白くなりそう”という気持ちでオファーしました。断られるだろうなって思っていたので、出演すると連絡をいただいた時は大変驚いたのですが、”ただ笑っている要員にはならない”というコメントからもわかるように、お話しした際に本気を感じました。国民的アイドルでも、女優でもない、情報番組の前田敦子を見るのが今から楽しみですし、新たな一面を存分に見せてくれると思います。

文春でも前田敦子さんに出演オファーをしたのが、X氏だと書かれていたので東園基臣氏がX氏であると考えられます。

念のためX氏が元華族だという情報について調べます。華族とは、近代日本の貴族階級のことを指します。「華族 東園」と検索してみると、「東園家」という華族の情報がヒットしました。

東園家の当主の名前には、全て「基」と言う漢字が使われています。「ポップUP!」チーフプロデューサー東園基臣氏の名前にも「基」と言う漢字が使われています。

  • 元華族
  • 前田敦子さんにオファー
  • ポップアッププロデューサー

上記3つの情報全てに「東園基臣」と言う名前がありましたので、パワハラをしたチーフプロデューサーX氏は東園基臣氏であると考えられます。

Aさんが自殺未遂をした翌日、東園基臣氏に対して労務管理担当や情報制作局局長による聞取り調査が行われました。文春が東園基臣氏に電話で直撃すると「会社に連絡してください」と言われ、フジ広報部に広報部に尋ねると次のような回答を受け取りました。

(パワハラ等について)当社の認識と異なる内容が含まれていますが、CPの言動等に関し、詳細を確認しているところです。働きやすい環境を整えることは、すべての番組で重視しており、当該番組でも適切なあり方を検討しております」

引用元:文春

【追記】東園基臣の顔画像・プロフィール

東園基臣氏の顔画像・プロフィールをまとめます。

名前:東園基臣
年齢:40代
職業:フジテレビ チーフプロデューサー
経歴:元華族、明治天皇の玄孫

東園基臣氏はフジテレビのチーフプロデューサー、いわば裏方の仕事をしている人間なので顔画像は公表されていません。しかし、「モノシリ―のとっておき」でナレーションだった大江戸よし々さんがツイートした画像の中に東園基臣氏がうつっているのではないかと言われています。

☆『モノシリーのとっておき ビックリ映像3時間SP』(フジテレビ 9/14(金)19:00~3HSP!)

フジテレビ東園P渾身の3HSP、ナレーションさせて頂きました。超常現象・グルメ・さらには可愛い動物達の衝撃映像が呑み放題でなんとタダ。おっと度数は高めだよお兄さん。是非ご覧ください。

画像には7名の男性が写っていますが、真ん中にいる金髪の男性は大江戸よし々さんご本人です。

真ん中の金髪の男性を除く6名の中に東園基臣がいると考えられますが、特定には至りませんでした。新しい情報がわかりましたら追記いたします。

【追記】東園基臣の経歴「元華族・コネでフジテレビ入社か」

東園基臣氏は元華族であることが文春の報道であきらかになっています。さらに東園家の資料によると、東園基臣氏の父親と考えられる、東園基政氏、基宏氏、基治氏が明治天皇の曾孫になります。よって、東園基臣氏は明治天皇の玄孫にあたると考えられます。

元華族という経歴の持ち主であることから、東園基臣氏はフジテレビにコネで入社していた可能性もあります。実際、フジテレビではコネ入社が多く、他のテレビ局よりのコネ入社率が高いと言われています。

フジテレビにコネで入社した人物には

  • 阿部元首相の甥
  • 藤井フミヤの長男
  • 広告代理店、スポンサーの関係者

など、政治家の子息や大物財界人の子息が多数いるのは有名な話です。元華族という経歴を持ち、父親が有名な役職についている東園基臣氏はコネでフジテレビに入社したと疑ってしまいます。

コネ入社した東園基臣氏は、編成制作局の編成部に配属。編成部副部長の役職と第2制作室を兼任していました。その後2019年に編成制作局から情報制作局に異動。

これまで東園基臣氏が携わってきた番組は以下のとおり。

  • ライオンのグータッチ
  • モノシリ―のとっておき
  • うまッチ!
  • さっしーのe部屋
  • イケてる男と聞きたい女
  • とくダネ!
  • めざまし8
  • ポップUP

ニュース
うににゃん情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました