小野真由美家族構成が複雑すぎる「茶髪若見え子だくさん」富田林女児放置事件

富田林女児放置事件

大阪府富田林市のマンションで、2歳の小野優陽(おのゆうは)ちゃんが熱中症で死亡した事件。

小野優陽ちゃんを11時間もマンションの部屋に放置して死亡させた、保護責任者遺棄容疑で祖母の小野真由美(おのまゆみ)容疑者と内縁の夫である桃田貴徳容疑者が逮捕されました。

小野真由美容疑者の家族構成やFacebook顔画像、プロフィールなどについてまとめていきます。

西岡且准facebook顔画像「キレるとヤバい奴」福岡指噛みちぎり事件

見城徹(幻冬舎社長)木原誠二暴露のまとめ「ネガキャンでガーシー本バカ売れ」

小野優陽ちゃん父親ツイッター「一緒に暮らすために貯金していた」富田林女児放置事件

【追記】

大阪府富田林市で2歳の小野優陽ちゃんが放置され死亡した事件、大阪地検堺支部は逮捕されていた小野真由美被告と桃田貴徳被告を「逮捕監禁」と「保護責任者遺棄致死」の罪で起訴しました。

【追記】小野真由美「優陽ちゃんを動物扱いしていた」

小野真由美容疑者が、優陽ちゃんに対して人として扱わず動物扱いしていた実態が明らかになりました。

警察の調べによると、小野真由美容疑者は昨年末から優陽ちゃんの手足を粘着テープで縛って外出するようになったといいます。週に1~2回は優陽ちゃんの手足を縛って外出。自宅にいる時も、食事や風呂の時間以外は優陽ちゃんをベビーベットを改造した柵の中に閉じ込め放置していたというのです。

管理人は、犬を飼っていますが外出する時はケージの中、それ以外は部屋の中で自由にさせています。テレビを見ていると側に寄ってきて添い寝をしたり、一緒におもちゃに遊んだり。

2歳で遊びたいさかりの優陽ちゃんは、食事とお風呂の時間以外は柵の中に放置されていたというので、我が家の犬以下のひどい扱いを受けていたということになります。

言う事を聞かず、育児に疲れていたという小野真由美容疑者にとって優陽ちゃんは邪魔な存在でしかなかったのでしょう。優陽ちゃんを動物のように扱うことで、しんどい育児から目をそらしていたのかもしれません。

【追記】

その後の捜査で、小野真由美容疑者は去年10月、優陽ちゃんを買い物かごに入れて網をかぶせ、ベビーサークルに閉じ込め、その写真を桃田貴徳容疑者に送っていたことが判明しました。

優陽ちゃんを人間と思っていないような、ひどい扱いをしていた小野真由美容疑者。ここまでひどいことをするなら、最初から引き取らなければ良かったのではないかと思ってしまいます。孫を引き取らなければならない義務などないはずです。小野真由美容疑者が、どのような気持ちで優陽ちゃんを引き取ったのか分かりましたら追記いたします。

【追記】小野真由美5日間も優陽ちゃんを置き去り

その後の警察の取り調べで、小野真由美容疑者らは優陽ちゃんが亡くなる5日前から大阪府内のホテルに宿泊し、優陽ちゃんを置き去りにしていたことが判明しました。

【小野真由美容疑者らの行動】

  • 7月24日~26日…大阪府内のホテルに宿泊
  • 7月27日~29日…ユニバーサルスタジオジャパン近くのホテルに宿泊
  • 7月29日…優陽ちゃん死亡

※7月24日~26日の日中に一度帰宅。夜には再び優陽ちゃんを置いて外出。

たった2歳、まだまだ大人の手を借りないと何もできない優陽ちゃんを5日間も一人ぼっちで置き去りにして、自分達はUSJなどで遊び歩いていた小野真由美容疑者。

優陽ちゃんがどれだけ寂しい思いで、ひとり部屋で過ごしていたのかと思うと胸が締め付けられます。小野真由美容疑者は育児のストレスが溜まっていたのかもしれませんが、やっていいことと悪いことの区別くらいはつくはずです。

小野真由美容疑者には15歳の中学生の子供もいますが、同じようにずっと放置されていたと推測されます。小野真由美容疑者の家庭では「放置されること」は普通のことで、15歳の子も優陽ちゃんが放置されていることに何の疑問も抱かなかったのではないでしょうか。

小野真由美の家族構成が複雑すぎる「寄せ集めの子だくさん」

小野真由美容疑者と死亡した小野優陽ちゃんの関係は「祖母と孫」であることが分かっています。小野真弓容疑者が家族構成を調べてみると、複雑すぎて一回では理解するのが難しいことが分かりました。

報道によると、小野まゆみ容疑者家族構成は

  • 小野真由美容疑者
  • 桃田貴徳容疑者(内縁の夫)
  • 15歳の四男
  • 5歳の5男
  • 2歳の孫・優陽ちゃん

の5人で富田林市のマンションで同居しています。

5歳の五男は、小野真由美容疑者と桃田貴徳容疑者の実の子供。そして15歳の四男は、小野真由美容疑者と前夫の子供になります。

孫の小野優陽ちゃんは、小野真由美容疑者が前夫との間に儲けた20歳の三男の子供で、小野真弓容疑者が引き取って一緒に生活をしていたとみられています。

小野真由美容疑者が孫の優陽ちゃんを引き取った経緯は後述しますが、自身の子供がまだ5歳なのに2歳の孫の世話までしなければいけないのは大変だったのではないかと想像できます。

小野真由美容疑者は、「優陽ちゃんが言う事を聞かず、世話をするのがストレスだった」と供述。たびたび優陽ちゃんを自宅に残して外出していたといいます。

小野真由美の家系図「前夫との間に4人の子供」

小野真由美容疑者の家系図からは、前夫との間に4人の子供をもうけ、そして現在の内縁の夫との間に1人の子供がいる「子だくさんのお母さん」であることが明らかになりました。

小野真由美容疑者は前夫との間に4人の子供がいます。小野優陽ちゃんの父親である三男は20歳であることがわかっているので、小野真由美容疑者が26歳の時の子供ということになります。

長男と、次男の年齢は明らかになっていませんが、三男と四男の年齢から推測すると22歳~28歳の間位ではないでしょうか。

小野真由美容疑者は46歳なので、10代で長男を産んでいた可能性も大いにあります。親が若いとその子供も若くして結婚して子供を儲けるというのはよくある話です。

小野真由美容疑者の三男も18歳で親になっているので、母親の小野真由美容疑者の影響を受けていたのかもしれません。

【追記】

7月7日の週刊文春の記事によると、小野真由美容疑者には前夫との間に4人の息子の他に娘が1人いることがあきらかになりました。小野真由美容疑者には、前夫との間に5人、現在の内縁の夫との間に1人の合わせて6人の子供がいることになります。

小野真由美容疑者の娘については、小野容疑者の前夫と一緒に住んでいるとのことです。

小野真由美が優陽ちゃんを引き取った理由は父親からの「心理的虐待」

小野真由美容疑者が自身の三男の娘、ゆうはちゃんを引き取り同居生活をしていた理由は「心理的虐待」があったからだと言われています。

府警などによると、女児は生後6か月だった2020年1月、面前で実父が実母に暴力をふるう「心理的虐待」を受け、両容疑者に引き取られたという。

引用元:Yahoo!ニュース

小野真由美容疑者の三男は、優陽ちゃんの目の前で母親に対して暴力をふるっていたとか。

心理的虐待(しんりてきぎゃくたい)は、親が子供に心理的な傷を負わせること。精神的虐待(せいしんてきぎゃくたい)とも呼ばれる。

厚生労働省によると、「暴言を吐く」「無視、拒否的な反応をする」「兄弟間で差別的な扱いをする」「夫婦喧嘩や虐待を意図的に見せる」「脅迫する」などが当てはまる可能性が高い。

引用元:Wikipedia

たった生後6か月で、実父の小野真由美容疑者の三男から「心理的虐待」を受けていた優陽ちゃん。小野真由美容疑者と桃田貴徳容疑者に引き取られ安心して生活できると思いきや、優陽ちゃんは再び虐待を受けてしまうのです。

小野真由美容疑者に引き取られた優陽ちゃんは、2020年6月、入浴中に小野まゆみ容疑者が目を離したすきに溺れてしまい、一時心肺停止の状態になってしまいました。

優陽ちゃんが入浴中に溺れたのは、生後11か月の時。ハイハイをしたり、つかまり立ちをして一瞬たりとも目が離せない時期です。そんな時期に入浴中に目を離して優陽ちゃんを溺れさせてしまった小野真由美容疑者。


これまで5人の子供を育ててきたのに、入浴中に子供から目を離すなんてとても信じられない行為です。

優陽ちゃんが心肺停止になった件を受け、府富田林子ども家庭センターなどが虐待を受けている「要保護」と認定。

しかし、富田林市は、2021年12月に小野真由美容疑者らの優陽ちゃんへの虐待警戒レベルを「要保護」から「要支援」に引き下げていたといいます。

小野真由美のFacebook顔画像「茶髪で若見え」

  • 名前:小野真由美(おのまゆみ)
  • 年齢:46歳
  • 住所:大阪府富田林市小金台4
  • 職業:無職
  • 逮捕容疑:保護責任者遺棄の疑い

小野真由美容疑者のfacebookや顔画像を調査していきます。小野真由美容疑者の顔画像については、報道で明らかになっています。

小野真由美容疑者はマスクをしてうつむいているので顔がわかりにくいですが、茶髪のロングヘアの女性であることがわかります。46歳という年齢の割には若く見えます。

次に小野真由美容疑者のFacebookを調査していきます。Facebookで「小野真由美」と検索。すると非常にたくさんの「小野真由美」Facebookアカウントが見つかりました。

小野真由美容疑者と同じ大阪在住のfacebookアカウントもいくつかありましが、小野真由美容疑者と同じ「富田林市」在住のアカウントはありませんでした。

小野真由美容疑者のfacebookについては引き続き調査していきます。

小野優陽ちゃん置き去り死亡事件概要

小野優陽ちゃんが置き去りにされ熱中症で死亡した事件の概要です。

大阪府富田林市の自宅に孫の女児を放置したとして、府警は30日、保護責任者遺棄容疑で祖母の無職小野真由美容疑者(46)と、同居する桃田貴徳容疑者(50)を逮捕した。府警によると、女児は小野優陽ちゃん(2)で、29日午後に吐血しているのが見つかり死亡が確認された。府警が死因や経緯を調べている。

引用元:https://nordot.app/914943808796377088
  • 2020年1月…両親の夫婦間暴力で優陽ちゃんへの心理的虐待が確認される
  • 2020年6月…優陽ちゃんが自宅で入浴中に溺れ、一時意識不明になる
  • 2020年10月…大阪府富田林市が「要保護」として見守りを開始
  • 2021年6月…優陽ちゃん、保育園を退園
  • 2021年12月…実務者会議で虐待の重要度を「要保護」から「要支援」に緩和
  • 2022年4月…小野真由美容疑者が市を訪れ、優陽ちゃんの養育について相談
  • 2022年6月29日午後3時ごろ…小野容疑者が予定していた施設の見学をキャンセル
  • 同午後4時頃…優陽ちゃんが団地の一室で倒れているのが見つかる
  • 2022年6月30日…大阪府警が保護責任者遺棄容疑で小野真由美容疑者らを逮捕

小野真由美容疑者は、育児ストレスを発散するために優陽ちゃんを置いてユニバーサルスタジオジャパンに遊びに行っていたと供述しています。

小野真由美容疑者と桃田貴徳容疑者は、5歳の息子を連れて6月29日午前5時ごろ自宅を出発。その際、優陽ちゃんは、高さ90センチ程の柵の中に閉じ込められていたことが分かっています。

しかも、優陽ちゃんが閉じ込められてい柵の四方には板が貼られており、優陽ちゃんが脱出できないようにしてあったというのです。

小野真由美容疑者は優陽ちゃんを部屋に置いて外出した際「部屋の冷房をつけていた」と話していますが、柵には板が貼ってあったので風通しがかなり悪かったと考えられます。

優陽ちゃんの手が届くところには水や食べ物が置いてなかったといい、亡くなった優陽ちゃんの胃の中には固形物が無く脱水症状を起こしていたそうです。亡くなる前、半日以上食事をしていなかったとみられる優陽ちゃん。

暑い室内でたった一人、お腹を空かせ、喉もカラカラに乾いていたに違いありません。まだ2歳の優陽ちゃんが、どれだけ辛い思いをして亡くなっていったのかと考えると胸が締め付けられます。

小野真由美容疑者のような複雑な家族構成の家庭に引き取られていなければ、小野優陽ちゃんが命を落とすことはなかったのではないでしょうか。

【追記】小野真由美子育てエンドレスの人生

小野真由美容疑者は、優陽ちゃんを自宅に放置してUSJに遊びに行ったことについて、「子育てのストレス発散のため」と供述しています。

「2歳の可愛い盛りの女の子を放置して遊びに行くなんて…」

小野真由美容疑者が取った行動は決して許されるものではありません。しかし、小野真由美容疑者はまだ15歳と5歳の自分の息子の子育て中です。小野まゆみ容疑者の上の3人の息子達は独立して手が離れていますが、小野真由美容疑者は長男が生まれてから20年以上子育て続けているのです。

寧ろこの祖母はエンドレスで子育てしてるようなもの。
俺も20前半で結婚して2人独立させたが孫はしばらく良い。
逆に40超えて子供出来て子育てしてる人凄いと思うわ。
そんな体力も気力もない。

やっと子供が成人して手が離れたと思った頃に、また一から子育て。小野真由美容疑者の人生の大半は子育てばかり。まさに子育てエンドレスです。管理人は小野真由美容疑者と同じ年齢ですが、息子達はもう手がかからなくなっています。もし、今からもう一度子育てをしろといわれても、体力的にも精神的にも無理です。

管理人の60歳を過ぎた母親も、娘(管理人の妹)の孫を引き取り育てていますが、元気すぎる孫たちに「疲れた」と愚痴を言うこともあります。本来なら今頃は子育てを終え、自分の老後の人生を楽しんでいるはずでしたが、孫の子育てに追われ自分の楽しみは二の次になることが多いと言っていました。

管理人の母親は、孫の子育てに疲れた時は上手に家族に助けてもらうなどして、子育てのストレスを発散させていますが、小野真由美容疑者は周りに頼れる人間がいなかったのかもしれません。

小野真由美容疑者の長男や次男が、孫を引き取りストレスを抱える母親を少しでもサポートしてあげていたら小野真由美容疑者も優陽ちゃんを可愛がることができた可能性もあります。

【追記】小野真由美は優陽ちゃんの熱中症に気づいていた

小野真由美容疑者らが優陽ちゃんを一人置き去りにしてUSJに出かけていた時、学校から帰宅した小野真由美容疑者の15歳の四男が優陽ちゃんの異変に気付き小野真由美容疑者に連絡。

その際、小野真由美容疑者らは優陽ちゃんに水をかけて応急処置をするように四男に指示していたのです。四男から連絡を受けて、すぐに優陽ちゃんの体を冷やすよう指示をしていた小野真由美容疑者。

優陽ちゃんを置き去りにしてUSJに出かけた時から優陽ちゃんが「熱中症になるかもしれない」可能性があると気づいていたのではないでしょうか。

【追記】小野真由美は優陽ちゃんに愛情がなかった

7月7日発売の週刊文春の記事では小野真由美容疑者が孫の優陽ちゃんには愛情がなく、自分の5歳の息子だけを可愛がっていた様子が明らかになっています。

  • 五男、優陽ちゃん、真由美容疑者で入浴中、ぐずりだした5男の相手をして優陽ちゃんを浴槽に放置→優陽ちゃんが溺れて心配停止
  • 「送迎が難しい」と優陽ちゃんを保育園を退園させる→五男は私立幼稚園に通い、ミニバンで送迎。
  • 優陽ちゃんが団地の手すりにつかまり一生懸命階段を上るも、小野真由美容疑者は一切手をかさない。
  • 五男、父親、小野真由美容疑者は3人で頻繁に外出→優陽ちゃんは置き去り

報道によると、優陽ちゃんは小野容疑者らがユニバーサルスタジオに出かけた日の昼頃には亡くなっていたといいます。一人暑い部屋に残され、泣き叫んでも誰も助けてくれない…まだこの世に生まれてきてたった2年しかたっていない優陽ちゃんがどうしてこんなに寂しい最期を迎えなければならなかったのか…

小野真由美容疑者に引き取られてから、優陽ちゃんに何か一つでもいいから楽しい思い出があったことを願うばかりです。

【追記】小野優陽ちゃんは手足を縛られて放置されていた

小野真由美容疑者らが小野優陽ちゃんをアパートに放置して外出した際、手足を粘着テープで縛っていたことが明らかになりました。しかも、小野真由美容疑者が、優陽ちゃんの手足を縛って外出したのは今回だけではなかったというから驚きです。

小野真由美容疑者らは大阪のユニバーサルスタジオジャパン近くのホテルに2泊しており、優陽ちゃんは手足を粘着テープで縛られたまま2日以上放置されていたことも分かっています。

板ですき間を埋められたベビーサークルの中で、両手足を粘着テープで縛られ放置されていた優陽ちゃん。たった2歳の女の子を、このような酷い状況で放置しながらUSJで楽しい時間を過ごしていた小野真由美容疑者はもはや人の心を持っていなかったのではないかと疑ってしまいます。

【追記】

小野真由美容疑者は、約一年前から優陽ちゃんの手足を粘着テープで縛っていたことが明らかになりました。しかも小野真由美容疑者は優陽ちゃんを拘束した姿をスマホで撮影していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました