仲本工事交通事故は自殺説浮上「嫁に出ていかれ鬱だった」

ニュース

10月18日午前9時過ぎ、ドリフターズのメンバー仲本工事さんが交差点を歩いていたところ、男性が運転する車にはねられました。

仲本工事さんは頭などを強く打ち重傷だということです。

この記事では仲本工事さんの交通事故が自〇だった可能性について調査します。

【追記】

10月19日、仲本工事さん(本名・仲本興喜さん)が亡くなったことがわかりました。81歳でした。

小野勇「瀬川結菜さん自殺ほう助は嘘」

野崎裕也顔画像「優しい顔した異常者」

仲本工事交通事故は自〇説浮上「人が渡る場所じゃない」

仲本工事さんが交差点を横断中に事故にあい、意識不明の重体になっています。

仲本工事さんが渡っていた横浜市西区浅間町の交差点はとても交通量が多い場所です。片側2車線の道路で、横断歩道や信号のない交差点で、この場所を知る人は「道路を歩いて渡ることが自殺行為」とはなしているほどです。

横断禁止の場所であることや、とても人が歩いて渡れるような交差点ではないことから、仲本工事さんが自〇を図ったのではないかという意見があがっています。

仲本工事の事故…自〇未遂じゃないの?って思ったのは私だけ??最近嫁が出ていったことで話題になってたよね?

仲本工事 自〇かもしれんなこれ。歩行者横断禁止のとこ渡ってたらしい。志村けんの後、追ったんちゃうか。上島竜兵みたいにな

仲本工事今度は車にはねられたの、大丈夫かな。ただでさえ大変な状態なのに。記事見たら洪福寺だった。車道を横断しようとしてたなら自〇行為だよあそこ

仲本工事交通事故は自〇未遂「嫁が出ていき鬱だった」

仲本工事さんの交通事故は自〇未遂だったのではないかと疑われている理由に、最近の仲本工事さんについての報道があります。

デイリー新潮によると、仲本工事さんは27歳年下の妻・純歌さんに置き去りにされ、犬猫と一緒にゴミ屋敷で生活していると報じられています。

昨年7月、純歌さんは突然家を出ていき、仲本は夫妻で営んでいた「ピンクローズ」というカラオケスナックの2階にある部屋と1階部分でひとり生活しているという。

引用元:デイリー新潮

奥さんに逃げられて鬱にでもなったか

報道によると、仲本工事さんの妻・三代純歌さんが突然家を出たのは2021年7月のこと。そこから仲本工事さんとは別居状態だといいます。

三代純歌さんがカレー店をオープンした2021年12月以降、三代さんは全く家に戻らなくなってしまい、「横浜のカレー店関係者と一緒に暮らしている」と噂されているようです。

しかしこの噂に対して仲本工事さんは、

「そんなことないよ!だって俺、毎日そっちに行ってるんだから。そんな質問なら事務所を通してくれよ」

と答えています。仲本工事さんの妻の浮気疑惑について真相は明らかになっていません。

仲本工事さんは、デイリー新潮の取材に対して

「今の暮らしに対する不満は何もない」と繰り返し、純歌さんが出ていった経緯についてもいささか要領を得ない答えが返ってくるばかり。

だったといいます。

妻の純歌さんに出ていかれ、仲本工事さんが鬱状態になっていた可能性も否定できません。

仲本工事さん

状態だったのかな

横断歩道の無い所での事故なんて

【追記】

仲本工事さんが事故にあった現場近くには、仲本工事さんの妻・三代純歌(みだいじゅんか)さんが経営するカレー店がありました。三代純歌さんのカレー店の名前は「Willow’s HOUSE(ウィローズハウス)」です。

仲本工事さんの妻が経営するカレー店の場所は、神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-11-1です。

仲本工事さんの事故現場と妻のカレー店との位置関係はこのようになります。

仲本工事さんは、仕事関係で人と会う約束をしており、三代純歌さんのカレー店で一緒に食事をする予定だったという報道もあります。しかし、なぜ仲本工事さんが事故現場をひとりで訪れていたのか、はっきりとした理由はまだ明らかになっていません。

仲本工事さんは、無意識のうちに通いなれた妻のカレー店に足が向いていたという可能性もあるのではないでしょうか。

仲本工事さん事故の場所「洪福寺交差点」

仲本工事さんが事故にあった場所は横浜市西区浅間町5丁目だと報道されています。

事故現場、住所的には「西区浅間町」なんだ 環1×16号の洪福寺交差点から環1を保土ケ谷側に一本行ったところだよね 環1横断側には横断歩道ないからな…

仲本工事が洪福寺交差点で事故に遭ったと聞いて…

ツイッターには、仲本工事さんが事故にあった交差点の場所が「洪福寺」の交差点であるとの投稿がされていました。

報道されている仲本工事さんの事故現場画像です。

報道されている画像と、ツイッターの「洪福寺交差点」という情報からグーグルマップで見つかった交差点がこちら。

交差点の角にあるスナックの看板が報道されている画像と一致しているのがわかります。

仲本工事さんが事故にあった場所は、片側2車線の道路の右折レーンが始まるあたりで、歩行者の横断は禁止されていました。

この交差点は以前から危ない場所と言われていました。

あそこか。ちょうどバス停があるから、そこから洪福寺交差点の横断歩道まで行くのがめんどくさい人がよく渡ってるよね。 スピード出やすいところだから危ないんだよ… うーん、仲本さん心配。

仲本工事さんは仕事のために事故現場の交差点を渡ろうとしていたという報道もあります。仲本工事さんは、自〇未遂をしたのではなく、ただ単に道路を渡ろうとしていて事故にあっただけなのかもしれません。

仲本工事さん交通事故概要

仲本工事さんは、10月18日午前9時すぎ、横浜市西区の交差点を歩いて横断していたところ、男性(73歳)が運転する乗用車にはねられました。

仲本工事さんは頭などを強く打ち、意識がもうろうとした状態で病院に搬送され、すぐに手術が行われたとのことで容態が心配されています。

仲本工事さんは現在意識不明の重体だと報道されています。

仲本工事さんの一日も早い回復をお祈りいたします。

【追記】仲本工事さん葬儀「ギター抱え笑顔の遺影」

10月19日に交通事故による急性硬膜下血腫のため亡くなった仲本工事さんの葬儀・告別式が東京都内の斎場で営まれました。

家族葬の形で営まれた葬儀では、仲本さんと前妻との長男が喪主を務め、事実婚の妻で歌手の純歌や、ドリフの高木ブー、加藤茶、事務所関係者ら約30人ほどが参列。志村けんさんの兄・知之さんの姿もあった。葬儀が始まる前には国民民主党党首・玉木雄一郎氏も弔問に訪れた。高木、加藤は仲本さんの死後、コメントも出せないほどの憔悴(しょうすい)が続いているが、この日も悲しみをこらえ仲本さんに最後の別れを告げた。

午後1時40分頃には霊柩(れいきゅう)車が到着し、同2時5分頃に出棺。長男が助手席に乗り込み、都内の火葬場へ出発した。同7分には遺影を抱えた純歌が斎場を離れ、タクシーに乗り込んだ。遺影は、ギターを抱え屈託のない笑みを浮かべた写真。「ザ・ドリフターズ」ではコメディアンとしてだけでなく、ギターの名手としても知られる仲本さんらしい一枚となった。

引用元:」ヤフーニュース

仲本工事さんの遺影には、ギターを抱え屈託のない笑みを浮かべた写真が使われていました。

仲本工事さんの遺影はギターを抱えた写真が使われていますが、仲本工事さんがビートルズの前座で使用したギターは妻の三代純歌さんが売却したという報道がありました。遺影に写っているギターが該当するギターなのかはわかりませんが、ギターを売却した三代純歌さんは何も感じなかったのでしょうか。

三代さんが仲本工事さんのギターを売却したという報道が真実であれば、仲本工事さんの無念は計り知れません。

ニュース
うににゃん情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました