片井裕貴実家が金持ち「親の金で示談し不起訴」同志社大学アメフト部集団性的暴行事件

ニュース

飲酒して抵抗できない女子大学生(20)に集団で性的暴行を加えたとして、同志社大学アメリカンフットボール部の男子学生4人が準強制性交の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、同志社大学アメフト部・片井裕貴容疑者(21)、山田悠護容疑者(21)、濱田健容疑者(22)、牧野稜容疑者(21)です。

逮捕された4人のうち、片井裕貴容疑者について、ネット上で「親が金持ちなのではないか」と噂されています。片井裕貴容疑者の親が金持ちだと言われている理由や、自宅付近での評判についてまとめます。

【驚愕】双葉幼稚園その後「浦上陽子園長逮捕されず日常生活」福岡バス置き去り

榎本正哉経歴が優秀「独立開店は欲望満たすため」狙った客は帰さない

片井裕貴実家は金持ち「別荘持ちで祖父は商売人」

Googleで「片井裕貴」と検索すると、「金持ち」という言葉が表示されます。

「片井裕貴」と「金持ち」が一緒に検索されているのは、先日報じられた文春オンラインの記事が原因であると考えられます。

文春オンラインに片井裕貴容疑者の祖父のコメントをご覧ください。

「一流の商社に就職も決まっとったんや。私の商売でつながりがある会社なんやけど、『口聞いたろか』と言うても、『自分なりに頑張っていきますから』言うて、ツテも使わんと実力で入ったんや。こんな喜ばしいことはなかった。今回の事件があって、全部パーになるやろうけどね…」

引用元:文春オンライン

一流の商社に就職が決まっていたという片井裕貴容疑者ですが、その一流商社と片山裕貴容疑者の祖父の商売が繋がりがあったというのです。

一流商社と繋がりがあり、コネで入社できる(片井容疑者は断っている)ほどだという片井裕貴容疑者の祖父の会社。文春の記事を読んだ人は当然、片井裕貴容疑者の実家は「金持ち」だと思うはずです。

また、文春では片井裕貴容疑者の祖父が、今年のお盆前に別荘で片井裕貴容疑者に会ったとも話していました。

別荘を持っているということは、片井裕貴容疑者の実家は裕福だと想像されます。私立大学の同志社大学に通い、別荘持ち、祖父は商売をしているとなれば、片井裕貴容疑者の実家が金持ちであると考ても何ら不思議は有りません。

片井裕貴容疑者の祖父は、逮捕された片井裕貴容疑者を支援すると語っていました。

『マイナスのスタートからでも私が支援したる、そんな心配すんな!』

引用元:文春オンライン

犯罪を犯し、本名、顔画像も公表され、一流商社への就職も難しくなってしまった片井裕貴容疑者に対し「支援するから心配するな」と片山裕貴容疑者の祖父。やはり、片山裕貴容疑者の実家は金持ちである可能性が高そうです。

片井裕貴実家は金持ち「親の金で示談で不起訴」

片井裕貴容疑者ら同志社大学アメフト部の4人は、20歳女性への準強制性交の疑いで逮捕されています。しかし、今後被害者との間で示談が成立し不起訴になる可能性も大いにあります。

親のお金で示談して不起訴まで見えるな

一般的に示談金の相場は30万円から100万円ほどだと言われています。片井裕貴容疑者らは、同志社大学の4年生。現役の学生なので、高額の示談金を支払う能力はないと考えらえます。そうなると、示談金を負担するのは片井裕貴容疑者の両親、もしくは祖父になります。

片井裕貴容疑者の祖父は、片井裕貴容疑者のことを「一番期待されてる孫」というほど可愛がっている様子でしたので、孫の釈放のためなら高額の示談金でもポンッと支払うでしょう。

この手の事件は続報で「不起訴になりました、地検は不起訴の理由を明らかにしてきません」の流れになるケース多い気がします※様々な要因が考えられます

片井裕貴容疑者らは、過去の同様の事件でも加害者が不起訴になっていることを知ったうえで犯行に及んでいた可能性も無きにしも非ずです。

自分の実家が金持ちで示談金も簡単に支払うことができると踏んで女性を襲っていたとしたら、片井裕貴容疑者はとんでもないクズ男です。

ここのアメフト部、強〇の常連で、
もっと前から厳正な処罰を与えていれば…
報道されるような事件になってるだけで2~3年割合だから
事件になっていないものはもっとある。
くそ男どもが。

Twitterでの情報なので信ぴょう性は確かではありませんが、同志社大学のアメフト部は強〇の常連だと暴露されています。

もしこの情報が正しいとしたら、片井裕貴容疑者、山田悠護容疑者、濱田健容疑者、牧野稜容疑者の4人は、アメフト部で行われていた強〇を知っていて「自分達がやっても捕まることはないだろう」と考えていたのかもしれません。

片井裕貴自宅周辺では好青年と評判「周りに流されただけ」

酒に酔って抵抗できない状態の女性一人に対し、4人で性的暴行を加えた片井裕貴容疑者らアメフト部員。アメフト部となれば、身体は鍛えあげられ、普通の男性よりも力もあるに違いありません。

そんな屈強な男達が抵抗できない女性を寄ってたかった襲ったのです。片井裕貴容疑者は普段からクソ男であると思いきや、片井裕貴容疑者の自宅周辺では片井裕貴容疑者が好青年と評判であることが分かりました。

お父さんがスポーツマンで、厳しくしつけをしていて、あそこの兄弟は私らなんかにもきちんと挨拶してくれてました。近所でも”い子達に育ったねぇ”と評判で、典型的な円満家庭でしたよ。彼一人でやったんじゃないでしょ。お酒か周りに合わせたのかだと思います。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/2817ba62a7ed1f2f3eec68b52c42ea13be8dc6be

片井裕貴容疑者は、きちんと挨拶をできるいい子だと近所の人が話しています。「挨拶ができる=良い子」と考える近所の住人。片井裕貴容疑者が主犯格だという今回の性的暴行事件も「酒を飲んで、周りにつられてやったんでしょ。」と片井裕貴容疑者を擁護するような発言をしています。

酒のせいで一人でやったんじゃない仲間につられたんでしょ

近所がやべー
上品そうにみえてやべー地域なんか

片井裕貴容疑者の自宅は、京都市上京区毘沙門町とネット上では言われています。片井裕貴容疑者は、同志社大学アメフト部に掲載されているプロフィールから大阪にある「清教学園高等学校」出身であることが分かっています。

京都市にある自宅は片井裕貴容疑者が一人暮らしをしている場所で、片井裕貴容疑者の実家は大阪にあると考えられます。

大阪の片井裕貴容疑者の実家がある地域は、いい子だと思っていた近所の子供が犯罪を犯しても「周りのせいだ」とするヤバい思想を持った地域であると想像されます。

まるで「うちの子は悪くない。周りが悪い」と自分の子を庇うモンペのような近所の人の発言に非常に驚きました。

いくら挨拶がきちんとできても、いい子であるとは限りません。片井裕貴容疑者は上手に近所の人を騙していたのでしょうね。

片井裕貴プロフィール・顔画像「童顔の愛されキャラ」

片井裕貴容疑者の顔画像やプロフィールは既に明らかになっています。

  • 名前:片井裕貴(かたいゆうき)
  • 年齢:21歳
  • 出身高校:清教学園高等学校
  • 好きな言葉:Be the change.

片井裕貴容疑者の顔をみると、年齢の割に幼く見えます。童顔と言ってもいいほど。人相学上、童顔で丸顔の男性は「愛されキャラ」であるといわれています。

丸顔の人は、楽天的で後先考えずに行動することが多く、失敗を恐れません。失敗したところで深く考えず、次に生かそうとポジティブにとらえます。

思ったことをすぐ口に出してしまうところは難点ですが、それでも憎まれたりせず人間関係は常に良好。愛されキャラで通ってる、人気者です。

引用元:https://woman.mynavi.jp/article/200106-17/2/#anchor-5

片井裕貴容疑者は、童顔の特徴である「愛されキャラ」を発揮し、バーで女子大生らに声を掛け、酒を大量に飲ませることに成功したのではないでしょうか。被害に遭った女子大戦は、丸顔、童顔の片井裕貴容疑者なら「無害」だろうと油断してしまったのかもしれません。

片井裕貴容疑者は、同志社大学アメフト部でのポジションはディフェンスバック(DB)。フィールドの後方および両サイドを守るポジションです。今回の事件で主犯格だった片井裕貴容疑者。残念ながら、仲間3人を守ることはできなかったようです。

片井裕貴集団性的暴行事件

同志社大学アメリカンフットボール部員の片井裕貴容疑者(21)山田悠護容疑者(21)浜田健容疑者(22)牧野稜容疑者(21)の4人は、ことし5月、京都市内の片井容疑者の自宅で、酒に酔って抵抗できない状態の女子大学生(20)に性的暴行を加えた疑いで逮捕されました。

女性は4人と面識はなく、事件当日に声をかけられバーで酒を飲まされたということです。

捜査関係者によると、男子部員らは犯行の様子を『スマホのカメラで撮影』していたとみられることが分かりました。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/2966f426fb2595f87ac4ffc2cd8f5bcb8388dc37

同志社大学は、事件を受けアメフト部の「無期限の活動停止」と「リーグ戦の出場辞退」を発表しています。

片井裕貴容疑者を知る人は「真面目でそんなことをするように見えない」と話していますが、だからと言って片井裕貴容疑者らが犯した罪が許されるわけありません。犯行の様子をスマホで撮影までしているのですから、悪質過ぎます。

しかしどんなに片井裕貴容疑者がやったことが悪質でも、示談金を親に払ってもらい不起訴になる可能性もあるのです。この後、片井裕貴容疑者の処分がどのような流れで決まっていくのかは次のとおりです。

【逮捕された場合の刑事手続きの流れ】

  1. 逮捕・身柄拘束
    逮捕された時から最大72時間(3日間)身柄拘束されます
  2. 勾留
    検察庁へ事件が送られ、逮捕された時から72時間以内に検察官が、10日間の身柄拘束(勾留)を裁判官に請求し、裁判官が勾留の決定をします
  3. 起訴
    最大20日間の勾留の後に、検察官が起訴するか不起訴にするかを決定します。示談が成立していなければ、多くは起訴され、公判が開かれます

示談が成立するかしないかは、被害者女性次第ですが性犯罪では7割以上が示談成立しているといいます。被害者の女性が「絶対に許せない。示談には応じない!」となれば、示談は成立せず片井裕貴容疑者らは起訴される可能性もあります。

「普段は真面目」だと評判だった片井裕貴容疑者。事件を起こした時に、突然豹変して女性を集団で襲ったとは考えにくく、この事件以外にも過去に同じようなことをやっていたのではないかと疑ってしまいます。

もし、今までの事件がバレていなかった、もしくは毎回親に示談金を出してもらい無かったことにしていたとしたら、片井裕貴容疑者が今後更生するのは難しいのではないでしょうか。

管理人にも娘がいますが、もし自分の娘がこんな酷い目にあったら加害者を絶対に許すことはできません。「加害者も同じ目にあわせてやる」と復讐を考えてしまうかもしれません。

ニュース
うににゃん情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました